アウトプット

読んで購入してもらえるセールスコピーとは?これ欲しいを引き出す一言

とまこラボ

ネットサーフィンをしていて欲しくない商品を購入した経験はありませんか?

逆にこの商品が欲しい!絶対買う!と決めた商品をネットで検索し見たサイトのなかでも実際に購入したサイトとそうではないサイトでは何が違うのか具体的に言えますか?

実はネットで購入する時に無意識にサイトを選んでいるのはセールスコピーが原因なんです。

私達は無意識に商品のセールスコピーで意識を操られていると言えます。それほどわかりやすく、自分が購入したい!と思える魅力的なセールスコピーがあるという事です。

今回は読んだ人が思わず購入してしまう「これ欲しい」を引き出すセールスコピーの作り方や考え方のコツをご紹介していきます。

文章より大切な「前提」とは

とまこラボ「どうすれば伝わるだろう」「どんな言い方が売れるんだろう?」こんな事を考えながら商品のセールスコピーを考えていませんか?

大切なのは

  • 読み手が強く求めているのは何だろう?
  • どんなことに興味や関心を抱いているんだろう?

この様な思考を持つことです。

この思考が売れるアイデアを生み、購入してもらえるセールスコピーを書く秘訣になります。

導き出したお客さんの強い要求は「売れる世界」です。なぜなら読み手は要求を満たすために消費行動をするからです。

ですので文章を作るよりも大切なのは読み手が何を強く求め、どんな事に興味関心を抱いているのかを知る事が売れるアイデアの考え方になります。



読み手がお金を払う本当の理由

とまこラボ実は読み手は商品や特徴、メリットはあまり気にしていません。

ではどんな事を見ているのでしょうか?

実は読み手は「嬉しい未来」に価値を感じています。

この嬉しい未来とは?

  • 商品を使っている自分
  • 商品を使って今の不満を解消している自分
  • 商品を使って今よりもステップアップしている自分

この様な事です。具体的には

  • 髪がまとまらいけど、商品を使えばヘアセットが楽にキレイに仕上がる
  • 肩こりに悩んでいるけど商品を使えば時間をかけずに家事をしながら今より良くなる
  • 外国語を話して給料をアップしたい/転職したい

この様な具体的な今よりもより良い未来を想像できる商品に対してお金を払うのです。



読んで購入に繋がるセールスコピーとは?

とまこラボでは具体的に読んで購入に繋がるセールスコピーを具体的に見ていきましょう。

大切なのは、その商品を購入したいのはどんな相手なのか?という点です。

ターゲット別に響く一言

商品を購入するターゲットとは3つの層に分かれます

  1. 直ぐに購入する「それ欲しかったの!欲しい!」層
  2. 気になってる「それ聞いたことあって気になってた」層
  3. 知らない「それに興味はあるけど知らない」層

この中でも購買意欲の高い層と購買意欲の低い層に響く一言を詳しく見ていきましょう。

購入意欲の高い人に響く一言

既に商品名を知っている購買意欲の高い人にいは商品名と商品を使う事で手に入る魅力的な未来をイメージさせる必要があります。

実はこの場合のセールスコピーは短くシンプルなもので良いのです。

できれば類似商品との違いを具体的に説明できると良いでしょう。

そうすると選ぶ側が他商品との違いを比べ自分で選べる楽しみと、選んだ自分を納得する事ができるので満足感が高くなります。

購入意欲の低い人に響く一言

商品名を語るよりも、解決策や購入する事で手に入る未来を一言にして届けましょう。

例えば仕事をしているお母さんをターゲットと考えます。

忙しいお母さんは家事育児に時間がかかり、料理をする時間が無い。でも子供たちに美味しく栄養バランスの良い食事を用意してあげたい。

時間をかけずに栄養バランスの良い食事を用意する方法は?

できれば楽したい、料金は安い方がイイ。でも栄養バランスは高い方がイイ。

この時お母さんが重視する事は何なのか?を考える必要があります。

検索で「料理 簡単 栄養」と検索し上位表示されたページを見に行くと思います。時間が無いけど子供に栄養バランスの良い食事を用意してあげたいので「安い」よりも「栄養」が重要になる事を忘れてはいけません。

そもそも安い料理を用意したいのであるならばコンビニやスーパーの総菜でも良いわけです。しかしわざわざ検索して簡単に栄養バランスの高い料理を知りたいと思っているの、この時商品名ばかりを前面に押し出すよりも

  1. 高い栄養素の理由
  2. 簡単に用意できる

という具体的なメリットや材料を説明する必要が重要です。

具体的な商品名をまだ知らない、こんな商品があったら欲しいな~位の購買意欲の低い人に響くのはイメージできる具体的なメリットになります。



読み手に「これ欲しい」を引き出す一言はターゲット別

とまこラボ読み手が商品ページを訪れた時に思わず欲しくなるようなセールスコピーについて紹介してきました。

誰にでも刺さるセールスコピーではなくターゲット層を絞る事で購入意欲の高い人、購入意欲が低い人に刺さる一言があることが分かりましたね。

大切な事は

  • 誰に
  • いつ
  • どんな物を
  • どの様に使うのか

これをしっかり考え一言にまとめられる文章で購入率はグッと上ることがわかりました。

実際の文章に取り入れてターゲットに合うセールスコピーを当てはめて下さい。

今回ご紹介した内容をもっと掘り下げて書かれているのはコチラの本です。