アウトプット

読みやすい文章とは?読み手が理解しやすい3つのポイント

とまこラボ

読みやすい文章とはどんな文章でしょうか?

ここではブログやメルマガを書いている人に向け読みやすく、読まれやすい文章について解説していきます。

ブログの読者数がなかなか増えなったり、自分の書いている文章をもっと読まれるようになるために具体的にどんな事をすればよいのか?

そんな悩みを持っている人に向けて書いています。

読み手が読みやすい文章を作る具体的な3つのポイント文章を作るコツ逆に読みにくい文章を私の経験を元に解説していきます。

読みやすく読まれやすい文章の3つのポイント

それでは具体的に読みやすく読まれやすい文章とはどのような文章なのか?

また、読み手が読みやすい文章を作るうえでの具体的なポイントを3つご紹介していきます。

ポイント①リズムがある

読みやすく読まれやすい文章とは、読みやすいリズムで書かれている文章と言えます。

具体的には「、よりも。が多い文章」です。

長い文章よりも言い切っている文章の方が読む人は読みやすく、売れている本も同じように。の方が多いのが特徴的です。

テキストで一文が長いと離脱率が上るので、一文一文を短くして文章にリズムを持たせることで読み手が読みやすい文章になります。

これは文章だけではなく歌の歌詞でも同じことが言えます。

リズムよくテンポが良いと言葉が頭に入りやすく心に残りやすい特徴があります。

たとえば名曲と言われるタイトルを聞けばサビを歌える歌ってテンポが良く歌詞にリズムを感じませんか?

ポイント②つの言葉を繰り返す

「3」という数字がマジックキーワードになります。

例えば

  1. こうなって
  2. こうなって
  3. こうなるんです

だったり

  1. こういうことが
  2. こうなるから
  3. こうではないんです

同じような言葉やフレーズを3つ連続で入れる事でリズムが生まれます

よって全体的なバランスが良くなりテンポよく読むことができます。

会話口調で書く

説明的な文章は家電製品の説明書の様で読みにくいのが特徴です。

私は説明口調な文章が苦手で、どうしても全文を読もうと思えず途中に読めなくなった本が何冊もあります。

ブログやメルマガを書いているなら、自分が普段使っている会話口調にする方が読み手も読みやすいので説明口調にならないように注意しましょう

会話口調で書くコツ

誰かひとりの為に書く

誰かをイメージして、その人の向けて書くことで話口調になります。

誰か一人をイメージしにくい場合には少し前の自分に向けて書くと良いでしょう。

読み手は「読む」というよりも「聞いている」感覚になるので、会話している気分になります。

会話口調の方が理解しやすく親近感が湧くので読み手も「もっと読みたい」と最後まで読まれやすいのも会話口調の特徴です。

全員に伝えたいと思うと説明口調になってしまうので、結果的に読みにくく誰の心にも刺さらない文章になるので注意が必要です。



読みやすく読まれやすい文章は最後は読み返す

最後に、出来上がった文章を読み返すと良いでしょう。

特に音読がおすすめです。音読して読みやすい会話口調の文章とは読み手も読みやすい文章と言えます。

カフェや外出先に文章を作ったら音読できない!そんな時は口元を両手で覆いながら小さな声に出して音読するのがオススメです。

マスクをしているなら店内のBGMで音読が気づかれることがないので、是非やってみましょう。

会話としておかしな文法だったり、リズムがよくなかったりと気づきも多いので、出来上がった文章は音読するように習慣化すると良いですね。

スラスラと音読できる文章は読み手も読みやすい文章と言えるので読みやすく読まれやすい文章と言えます。

ここまで、読みやすく読まれやすい文章についてまとめてきました。

ブログのアクセス数が思うように伸びなかったり、メルマガの解約数が多いのは文章の作り方や書き方を話口調に変えるというちょっとしたコツで劇的に改善するかもしれません。

是非あなたのブログやメルマガでも説明口調から会話口調に変えてみてはいかがでしょうか。

>>学習のための読書術について詳しくはコチラ