ライフハック

やるべき事を先延ばしにしない3つの解決策

とまこラボ

今やっている事にプラスして新しくやらなければいけない事が増えたら・・・面倒くさいと感じてしまいませんか?

やるべき事は仕事面でも私生活でも多々あります。今やっている事を中途半端な状態にして次に進めない!そんな人や

ただたら「面倒くさい」と感じてしまうあなたに、今回は先延ばし癖や、なぜ面倒くさいと感じてしまうのか?について

やる事を先延ばしにしない3つの解決策もご紹介しているのぜ是非最後まで読んでくださいね。

先延ばし癖とは?

やらなければいけないと分っていても「面倒くさい」と感じてしまう人の傾向は

「時間が無い」など他にもやらなければいけない事が多い場合や、やらなければいけない事のハードルが高すぎると言う点が言えます。

故に先延ばしにしてしまい、結果やらなければいけない事が終わらなかった・・・という事を繰り返しています。

そんなやらなければいけない事を先延ばしにしてしまう人は自分の考え方ややり方が悪いからだ!と思っていませんか?

実は先延ばし癖がある人の多くには、やらなければいけない事を「面倒くさい」と感じている人が多いことが分かりました。

詳しく見ていきましょう

なぜ「面倒くさい」と感じるのか?

やらなければいけない事を先延ばしにしてしまう人の傾向に「面倒くさい」と感じてしまう人が多いという事があげられます。

それではなぜ面倒くさいと感じてしまうのかを詳しく細分化していきましょう。

面倒くさい理由①プレッシャー

「やらなきゃいけない」と分っている事に対してブレーキをかけてしまう人が多い考え方の一つに、やらなければいけない事に対して強いプレッシャーを感じている場合があります。

  1. 絶体に失敗できない
  2. 間違えたら恥ずかしい

こんな考えが自分自身に強いプレッシャーを与えていると言えます。

面倒くさい理由②焦りに変わる

「やらなきゃ」と思えば思うほど不安が焦りに変わります。

やらなければいけない事が徐々に焦りに感じ強い恐怖心が生まれ、直ぐに行動に移すことが出来ないのがこのタイプです。

プレッシャーに感じるのと同じく

  1. 失敗したくない
  2. ライバルがいる

そんな時にやらなければいけない事が焦りに変わり不安感が生まれます。

面倒くさい理由③諦められない

やらなくてはいけない事があるのに、現在行っている事を中途半端な状態にできない!この様な完璧主義者に多いのが途中であきらめられないタイプです。

  1. 完璧に終わらせるまで次の作業に移れない
  2. 次の作業の情報が完璧に理解できるまで手をつけたくない

この様なマジメタイプに多いのが諦められないタイプです。

やらなければいけない事があっても、直ぐに手に付けられなかったり、今やっている作業から離れられないのでチームワークを乱すとみられる傾向があります。

やる事を先延ばしにしない3つの解決策

やるべき事を先延ばしにしてしまう、面倒くさいと感じてしまう人は、このままの状態なのでしょうか?

実は解決策があるんです!詳しく見ていきましょう。

その①無意識の儀式を無くす

真面目な性格で中途半端に終わらせる、スタートするというのが苦手な人は、段取りを考えない事で与えられたやるべき事を始めるきっかけになります。

「やらなきゃ」と思うとやるまでの過程を段取りとして考えてしまい、疲れてしまうを繰り返してしまうので

「やれなくても良い」と考える事で中途半端でも手をつけることが出来ます。また中途半端でもスタートできたことを「よし」とすると、

自分に対してのハードルも下がり、とにかく何でも始める事を大切にできます。

その②「しなければ」を無くす

真面目な人が多い傾向の一つに自分に厳しくする事で「これをやらなければいけない」と苦しめてしまい、その結果「面倒くさい」と感じてしまう人も少なくありません。

確かに仕事は常に完成度の高い結果を求められますが、100点の仕事を一つの事しかできない人よりも、70点や80点の内容を複数こなす人の方が評価も高くなる傾向があります。

無理をしたくない・・・そのような考えをしてしまうのも理解できますが、考えすぎて行動に起こせないよりもとにかく考えすぎずにスタートしてしまってから細かく考えるのをオススメします。

その③良い結果をイメージする

悪い結果をイメージすると新しい物事をスタートする事に躊躇してしまいがちです。

悪い結果をイメージしてしまうのは過去の失敗経験から生まれるものですが「今回は違う!」「今やるしかない」という考えを持ち良い結果をイメージすることで

  • 自信に繋がる
  • やるべきことが明確になる

そんなメリットもあります。

自分なんて・・・と諦めてしまうよりも、まずは良い結果をイメージすることで初めの一歩を踏み出すきっかけに繋がります。

やるべき事の先延ばしは「面倒くさい」の発想転換

仕事や私生活でも今やっている事にプラスして新たにやるべき事が増えると、つい先延ばしにしてしまいますね。

その原因は「面倒くさい」という考えからです。

今やっている事を中途半端にして新しいことをスタートしなければいけない不安な気持ちから、つい後回しにしてしまう気持ちもわかりますが

少し視点を変え考え方を変えるだけで、やるべき事の先延ばしを回避することが出来ます。

意識的にやらないと難しいが練習することで物事が進みやすくなるので、是非試して下さいね。

>>忙しいを言い訳にしない!ルーティン化のススメ